医療脱毛~脱毛効果と痛みの関係について~

ムダ毛の処理、皆さんはまだご自身で行っていますか?

自分で定期的に行う自己処理は、とても時間がかかるわりにきれいにできず、その上何かとトラブルが多くて、本当に嫌になりますよね?

そんなわけで、最近ではリスクの多い自己処理をやめて、全身脱毛をする若い女性がとても急増しているんです。自分でやるより楽だし、それに何より全身まるごときれいになれるわけですから、どちらがいいかは一目瞭然ですよね。

そこで今回は、そんな全身脱毛の中でも、信頼できて効果の高い医療脱毛についてお伝えしていきたいと思います。今年こそは是非あなたも、トライしてみてはいかがでしょうか?

■医療脱毛とは?

医療脱毛というのは、医師が在中するクリニックで行う医療レーザー脱毛のことを言います。医療行為として行うため、サロンに比べて脱毛機器の出力も高く、断然効果が高いといわれています。

また長期的効果のある脱毛、すなわち永久脱毛というのは、法律上医療行為を行えるクリニックにおいて言えるものであり、サロンにおいてそれなりの効果を得るためには、それだけ期間も長くかかるといわれています。

なるべく短い期間でしっかりと脱毛効果を得たいという方には、やはり医療脱毛がおすすめといえるでしょう。

■医療脱毛の効果と痛みのバランス

クリニックでは、照射パワーの高い医療レーザーを用いて全身脱毛を行います。パワーが高い分、脱毛効果も高く、短期間で満足いく効果が期待できるのが大きなメリットです。

しっかり永久的な脱毛をしたいという場合には、やはり医師の元で安心して高い効果が得られる医療脱毛がおすすめといえるでしょう。

しかしそれなりの高い効果が期待できる分、痛みも生じやすく、体質や身体の調子によっては不快に感じる方もいます。最新マシンの導入に伴い、中にはほとんど痛みを感じないという方もいますが、あくまで個人差があるため、すべての方に「痛くない」とはいえません。

またデリケートな部分は特に痛みを感じやすいため、肌の弱い方は予め医師によく相談して行うとよいでしょう。

■痛みを和らげることができる麻酔について

医療脱毛に痛みがあると聞くとどうしも不安になる方が多いですが、無理して痛みを我慢する必要はありません。医療行為として行う医療脱毛では、我慢できないような痛みに関しては、様々なタイプの麻酔を用いることができます。

どのような麻酔を用いるかはクリニックや医師の指導によっても異なりますが、笑気ガスを用いる笑気麻酔や、部位に塗り込む麻酔クリームの使用が一般的です。医師の判断によっては、体質や副作用により使用できないこともありますが、通常の使用ではずいぶんと痛みが取れて楽に脱毛を行うことができます。

このように、常に医師のフォローが受けられることは、医療脱毛を行う上で安心・安全であるといえるでしょう。

■医療脱毛を行った人の口コミより

・最初は少し痛いかなと思いましたが、回数を増すごとになれてそれほど痛みを感じなくなってきました。VIOはさすがに麻酔をお願いしているので、安心して楽に行えています。部位や麻酔が切れてきそうなときにパチンという痛みがある場合もありますが、我慢できないほどではないと思います。それよりもツルツルになるのがうれしいです。

・場所によっては強い日差しを浴びているような痛みを感じますが、特に我慢できないほどの痛みではなかったです。どちらかというと前に体験した脱毛エステサロンや家庭用の脱毛器の方が痛みが強かったように思います。

・クリニックの脱毛は、サロンよりも少し高めですが、その分ツルツルですごくきれいになったので満足しています。チクッとする痛みは少しありましたが、特に我慢できないような痛みではありませんでした。痛みがないか先生が常に確認してくれたので、安心してお任せできました。

いかがでしょうか?医師が行う医療脱毛は、やはり安心できるというメリットが大きいといえるでしょう。またいざというときに麻酔を使うこともできる分、利用しやすいといえますね。

■まとめ

脱毛に関する痛みについては、医療脱毛にしてもサロンの脱毛にしても、ある程度個人差が影響しているといえます。ですから、医療脱毛でもほとんど痛みを感じなかったという人もいれば、痛くて麻酔を使ってもらったという人まで様々です。

しかし最近では脱毛機器の技術も格段に増し、不快な痛みを軽減できるものがとても増えてきています。

自己処理でずっと大変な思いをするのであれば、今年こそは医療脱毛にチャレンジしてみたいものです。

医療脱毛 痛い

ジブリの世界に近づける絶景を見に行く

数々の名作があるジブリ映画ですが、宮崎駿監督の想像と現実世界に存在する絶景が絡み合って成り立っていることをご存知でしょうか。

いくつかご紹介します。

まずは千と千尋の神隠しです。この映画は主人公の千尋がトンネルの向こう側の世界の油屋でもがきながらも成長するというお話ですが、
その油家のモデルとなったといわれている場所が台湾の九フンです。
人気の観光地ですが、日本に広く知られたきっかけはこの千と千尋の神隠しだと言われています。
九フンは夜になると幻想的な雰囲気になり映画のシーンを思わせます。また、愛媛県にある道後温泉も舞台の一つです。
温泉情緒がノスタルジックな雰囲気でとても素敵なところです。そしてお湯自体もとても良く、日本三古湯の一つで歴史がある温泉です。
「ここは人間の来るところじゃない、八百万の神様が疲れを癒しにくるお湯屋なんだよ」という湯婆婆のセリフにもうなずけます。
神様たちが入るお湯に入ることが出来るなんて光栄でした。

次は紅の豚です。個人的に一番好きな映画ですがアドリア海が舞台となります。
その中でもクロアチアのドゥブロヴニクの街並みがモデルになっているといわれています。
ちなみに魔女の宅急便でもモデルになっているそうです。
また、ポルコが隠れ家にしている場所の舞台が本当に綺麗なんです。
ギリシャのナヴァイオビーチという場所で、現実世界にこんな素敵な場所があるのかと目を疑いました。

続いては、映画もののけ姫の舞台は有名なのでご存じの方も多いかもしれませんが、屋久島です。
古代からの自然がそのまま残るといわれているこの神聖な場所は、もののけ姫の舞台にぴったりです。
本当にこだまのような精霊がいてもおかしくない空気がそこには流れています。
どこかこの世ではないような恐怖を感じる感覚にも近いですが、澄んだ空気が存在します。
また、白神山地も舞台だといわれています。
自然と人間の共存をテーマにしているこの映画では、
神聖な場所を舞台にすることでわれわれ人間の非力さを謳っているのではないかと思います。

最後は映画ハウルの動く城です。
映画を見た時の初めての印象は、幻想の世界が舞台なのだなと思いながら見ていましたが、
ソフィが暮らしていた街並みの舞台が、フランス・アルザス地方の町コルマールとのことです。
あんなにカラフルな街並みが本当にあるのか?と疑いましたが、
街並みがとてもカラフルでメルヘンな世界がそこにはありました。
とにかくかわいくて、街を歩くだけで心が躍ります。
プフィスタの家は、ソフィの妹が働くお店のモデルとなっており細かい装飾が綺麗でノスタルジックな雰囲気が漂います。
映画に登場する建物にそっくりなので実物を見た時はテンションが上がり写真を撮りまくること必至です。
この街にいるとハウルに会えそうな気がします。帽子を作りながら待ってみたい・・・。

他にもたくさんのモデルになった場所があります。ジブリの旅に出かけてみてはいかがでしょうか。

HMBサプリとダイエットの関係

HMBサプリは筋肉をつけるのに役立つというイメージがありますが、HMBサプリはダイエットなどにも効果があると言われています。本当に効果があるのでしょうか?また、男性だけでなく女性にも効果があるのでしょうか?ダイエットに興味のある人は多いと思います。参考にしてみてください。

HMBサプリとダイエットについて

HMBサプリを飲むだけで大きなダイエット効果が得られるというわけではありません。この点は大きな注意が必要です。ダイエットは女性の皆さんであれば一度は試したことがあるはずです。また、世の中には飲むだけで痩せるなどと宣伝しているものもありますが、ダイエットは飲むだけで痩せるというのは現実的ではありません。飲むだけで痩せるという商品の中にはただ単純に下剤が入っているという悪質なものもあります。
HMBサプリはそのような商品ではありません。ですから、飲むだけで痩せるということはありません。ただし、ダイエットに関して全く効果がないのかというと、そういうわけでもありません。トレーニングを合わせて行うことで、余分な脂肪を燃焼させ、しっかりと引き締まった魅惑のボディーへと近づくことが出来ます。ですから、単純に飲むだけで痩せるというダイエットをしたいという方は、このHMBサプリは購入しない方がよいでしょう。しかし、健康的に身体を動かしてダイエットや健康的な身体を手に入れたいと考えている女性の皆さんには、このHMBサプリは非常におすすめです。

女性の為のHMBサプリ

女性におすすめなのがQUEENS SLIM HMBです。日頃のトレーニングと合わせて使用することで、効果的にサポートしてくれます。女性はとくに年齢とともに、自分の身体の体型が気になるという方多いのではないでしょうか?とくに、お腹回りの脂肪が気になるなんて人多いですよね?ダイエットには興味があって今まで色々なダイエットに挑戦してきたけれど、あまり効果を感じることが出来なかった、若しくは効果はあったけれどそのあとリバウンドしてしまったなんて経験あるのではないでしょうか?このサプリは日頃の運動やトレーニングにプラスすることで引き締まった身体づくりをサポートしてくれます。ジムに通っている女性や、ジョギングなどを行っている女性は多いでしょう。その運動やトレーニングにプラスしてみると効果的ですよ。

なぜ、おすすめなのか?

ダイエット方法は世の中にたくさんあります。それに関する書籍やDVD、食品や飲み物などたくさんありますが、健康的に痩せる、美しい身体を手にしたいというのならこのHMBサプリがおすすめですよ。ただし、最初の方にも書きましたが、飲むだけで痩せるという商品ではありませんので注意が必要です。身体を健康的に動かすことで、ダイエットや美しい身体づくりを強力にサポートしてくれるのがこのサプリの特徴なのです。ぜひ、ダイエットや健康な身体づくりに興味のある方は試してみてはいかがでしょうか?

オススメサイト
HMBサプリはダイエットに効果あり?痩せるって本当?

ジブリの三鷹の森ジブリ美術館は絶対オススメです!!!

私はスタジオジブリの大ファンです。
世界中に私と同じようなファンは多いと思いますが、そんなジブリファンなら誰もが一度は行きたいと願う三鷹の森ジブリ美術館を紹介します。

三鷹の森ジブリ美術館は東京都三鷹市にあるジブリの世界観たっぷりな美術館です。
館主はもちろん、宮崎駿さんです。そこではジブリ作品に出てきている代表的なものが展示されていたり、
実際に触れることができます。また、そこでしか上映していないショートムービーを見ることもできます。
また、カフェも併設されており、魔女の宅急便でマダムがキキにプレゼントするケーキを食べることもできます。

美術館の中は基本的に写真撮影禁止です。
何故なら思い出は心の中に大切にしまって持ち帰って欲しいという願いが込められているからです。
ジブリ美術館の入り口は物語の入り口で、物語の主人公になるために、カメラを向けるのではなく、
この空間を自分の目で見て、体で感じるというコンセプトがあります。
でも一部撮影可能なエリアもあるのでそこではシャッターを好きなだけ切ってください。

いきなり行っても入れません。入場するには事前にチケットを買う必要があるのでご注意を。
事前に買ったチケットで美術館に入るときっぷと引き換えてもらえます。
そのきっぷはなんと本物の35mmフィルムの一部なのです。
どのシーンなのかはもらってからのお楽しみ。
それを受け取った時から胸のワクワク必至のあなただけの物語がスタートです。

私のおすすめは、何気ないところに描いてある動物のイラストや、
宮崎さんの遊び心溢れるイタズラを探して歩き回ることです。
作品を見るのも当たり前に素晴らしいのですが、この美術館は大人である必要はありません。
子供の心(もちろん常識は忘れてはいけません)で好奇心のまま探検することです(もちろん禁止エリアには立ち入り禁止です)。

ジブリ映画は描写も細かいし、すべてに意味が込められていますよね。
美術館もかなり細かく作り込まれていて、雑なところは何一つありません。
館主さんである宮崎駿さんの願いだったり、伝えたいメッセージがたっぷりと詰まっている場所です。
美術館をたっぷり楽しんだ後、美術館を出た時の爽快感、自分の心が入る前よりも豊かになったと感じるのではないかと思います。
ジブリはなんといっても仕事が丁寧ですよね。
一貫しているスタイルが人々を魅了し続ける理由はそこにあると思います。

是非一度と言わず何度でも行ってみていただきたい場所です。

ジブリ映画「千と千尋の神隠し」に込められているメッセージとは?

この世界には名作といわれる映画が数多くあります。
様々な映画がありますが、映画をどういう気持ちで鑑賞しますか?
そもそも娯楽なので、人それぞれの楽しみ方で鑑賞するものですが、
私はその映画を通して何を観客に伝えようとしているのか、作り手のメッセージを考えながらの鑑賞が好きです。
有名な監督は数多くいますが、私は宮崎駿監督が制作するジブリ映画の大ファンです。
なぜなら、どの作品についても強いメッセージが込められており、手を尽くして制作されていることが伝わってくるからです。

そこで今回はジブリ映画の名作のひとつである千と千尋の神隠しについてお話したいと思います。
千と千尋の神隠しを観たことがありますか?
映画公開時に記録的な大ヒットした作品で、映画公開後も人気は衰えることなく何度もテレビで放送されているのでご存じの方も多いのではないかと思います。

あくまでも私個人の見解ですが、この作品は宮崎駿監督の強いメッセージを感じた作品です。
これからの社会を担っていく子供たちと、今の大人たちに向けてのメッセージがいたるところに散りばめられていると思います。
子供たちには「あなたたちは大丈夫、なんだってできる」ということ。
現代の子供たちの事を、大人たちは「ゆとり」「根性がない」等指摘をしますが、そんなことはない。
千尋が成長していく過程から、子供たちの中に眠る潜在的な能力に気付いてほしいという願いが込められていると思います。
主人公の千尋は、親に甘えて育ち、自分で何かしようという野心がありません。
もちろんそんな子供たちだけではありませんが、今の若者を表していると思います。
様々な試練を通して千尋は次第に成長していきます。そして周りの人たちもそんな千尋の事を認めてくれるようになります。
前を見ることを避けていた千尋が前しっかり見て歩いて行くシーンには感動します。

そして大人たちには、警鐘を鳴らしています。話の中で親たちはブタにされてしまいますが、
それは社会に飼いならされている現代社会を表現しているのではないかと感じました。
千尋の両親は本来なら考えられないことである、お店の人がいないのに料理を食べ始めてしまいます。
まさに常識がないと言われている大人たちへの警鐘だと感じました。
私は街中で非常識なことをする大人たちを見るとふとこのシーンが過ります。
現代の人々は目の前に起きることばかりに捕らわれて周りが見えていない。
今の子供たちは、今の社会は大人が作ったもの。
大人たちは捕らわれている状況からの脱出、子供たちには今に違和感を感じ、立ち上がって欲しいと伝えたいのではないかと思います。

親たちは自分たちの子供が生まれた時、願いを込めて子供に名前をつけます。
でもそのことを子供たちにきちんと伝えることが出来ているでしょうか。
千尋は名前を取られて一時は湯婆婆に支配されてしまいます。
それは名前の大切さ、生きること、存在することの大切さを忘れてはいけないというメッセージが込められていると思います。

他にも多くの意味が込められたシーンがあります。
まだまだ未熟者な私では読み切れてはいないことも往々にしてありますが歳を重ねていく度に作品を見てその時の自分が感じ取る感覚をこれからも楽しみたいと思います。
宮崎駿監督が伝えたかったことを考えながら是非観ていただきたいお勧めの映画です。

スタジオジブリ設立をした宮崎駿さんとは?

宮崎駿

映画監督の宮崎駿さんをご存知でしょうか?

監督のイメージが強いですが、アニメーション作家でもあり漫画家でもあります。
この方の感性、こだわりについては知れば知るほど尊敬します。
多くの作品を生み出し、数々の賞を受賞されています。それだけ多くの人の心を掴んでいるといえます。

宮崎駿監督は、幼い頃から本が好きで、絵がとても上手だったそうです。
そして大の漫画好き。大人になり、幼いころから好きだったアニメ業界の世界へ進むことになりますが、
まさに成るべくしてなったといえるでしょう。
1985年にスタジオジブリを設立しますが、それまでには制作会社を転々とします。
宮崎駿さんのすごいところは、転職先で成果を残しているということです。
自身のやりたいことが明確でそれを実現するために着実に歩を進めていきます。
また、宮崎駿さんに魅了された高畑勲さん、鈴木敏夫さんら仲間も加わり、精鋭部隊が出来ました。
スタジオジブリに携わる人々全ての人が素晴らしい技術を持っています。

宮崎駿さんはジブリブランドが出来る前からも多くの作品の制作に携わっています。
中でも有名な作品はルパン三世、アルプスの少女ハイジ、未来少年コナンです。
一度は耳にしたり、見たことがあるのではないでしょうか。そこから宮崎駿さんの快進撃が始まったのです。

ジブリ作品というとメッセージ性が強い作品が多いですよね。
宮崎駿さんは一貫して子供に向けての作品を作り続けています。
それはかつて子供であった大人たちにも強く心に響きます。
宮崎駿さんの作品を見ているといくつかの思いを胸に制作されていることに気づきます。
それを読み解きながら作品を見るとさらに感慨深いものがあります。
戦争・侵略への思い、差別への反発、過去に起きた悲惨な事実から目を背けない、生きていることの意味、
自然への敬意等、普段目の前の生活に追われていると忘れてしまいがちな本当に大切なことを映画を通して観客に気づかせてくれます。
宮崎駿さん自身、映画を通しての表現出なかったり、早朝のごみ拾い、デモへの参加をされていたりと行動も伴っている方です。
考え方に賛同するという意味ではなく、ご自身の発言に責任を持っていらっしゃる姿勢に尊敬します。

また、同じようなものを作り続けるのではなく、挑戦をし続けているところも魅力の一つです。
この時代の作品が好きだった等人により様々でしょうが、
人によって様々な意見を持たせる作品を作り続けれることが素晴らしい。
凡人にはなかなかできない仕事だと思います。これからのご活躍も期待したいです。

ジブリのご飯展でご飯を食べよう!

ジブリのご飯展

三鷹の森ジブリ美術館で企画展「食べるを描く。」が2017年5月27日から2018年5月まで開催されています。
ジブリ作品は日常を丹念に描き、日々の営みをきちんと表現していることが特徴の一つです。
「食事のシーンを入れると映画が豊かになる」という宮崎駿監督の言葉にもある通りジブリ映画では食事のシーンが重要視されています。
展示の説明会の際、企画展を実施するにあたり、展示案が8つもあったそうですが、ジブリの大切にしている「食」というテーマを選んだとお話されていました。
ジブリファンとしては他の7つのテーマについてもきっと面白い企画でしょうし、いつか全て実現されることを願います。

ジブリ映画をこれまでに見たことがある人はご存じだと思いますが、ジブリ映画の作品に出てくる食事シーンはどれもとても「おいしそう」に見えます。
これは私個人の感覚ですが、「美味しそう」ではなく「おいしそう」の方がマッチすると思います。
綺麗事ではなく、ごく当たり前の食事、現実味がある食事なのです。
それは、ストーリーが面白いことももちろんですが、
おいしそうな食べ物と食べる人の表情や仕草を細やかに描き出す作画の力のおかげで実現していることだと思います。
本当にスタジオジブリの技術は素晴らしい。
画面から、美味しさや幸せな気分が伝わってきます。
不思議な感覚ですが宮崎駿監督がおっしゃった言葉通り、食事シーンがあることで物語に奥行きが広がる印象があります。

今回の企画展「食べるを描く。」は作品に登場した一度は食べたいと思ったことがある料理が数多く再現されています。
天空の城ラピュタの中でパズーとシータが食べた「目玉焼きトースト」、
千と千尋の神隠しで千尋がハクにもらって涙を流しながら食べる「おにぎり」、
ハウルの動く城の中でハウルとソフィー、マルクルが食べる「ベーコンエッグ」などのサンプルがずらり。
印象的な食べ物や食事シーンをいくつも思い出せるはずです。
また、どのようにして作品が作られるか見れるエリアや、
実際に食事をつくるキッチンも実物大で再現されているエリアもあり、ジブリのこだわりを知ることが出来ます。

食べるという動作は生きていく上で必ず必要なことです。
食を描くということは、背景となる暮らしの文化を描くことになると企画者の宮崎吾朗さんは仰っています。
改めて考えてみると料理を見て映画を思い出すということはそれだけ強い印象を観客に与えることが出来ている証拠ですよね。
でなければ、この企画展は成り立ちません。これはスタジオジブリだからこそできる技です。
この企画展は食事のシーンに理解を深めてジブリ作品をもっと深く楽しむきっかけになること間違いなしだと思います。