ジブリのご飯展でご飯を食べよう!

ジブリのご飯展

三鷹の森ジブリ美術館で企画展「食べるを描く。」が2017年5月27日から2018年5月まで開催されています。
ジブリ作品は日常を丹念に描き、日々の営みをきちんと表現していることが特徴の一つです。
「食事のシーンを入れると映画が豊かになる」という宮崎駿監督の言葉にもある通りジブリ映画では食事のシーンが重要視されています。
展示の説明会の際、企画展を実施するにあたり、展示案が8つもあったそうですが、ジブリの大切にしている「食」というテーマを選んだとお話されていました。
ジブリファンとしては他の7つのテーマについてもきっと面白い企画でしょうし、いつか全て実現されることを願います。

ジブリ映画をこれまでに見たことがある人はご存じだと思いますが、ジブリ映画の作品に出てくる食事シーンはどれもとても「おいしそう」に見えます。
これは私個人の感覚ですが、「美味しそう」ではなく「おいしそう」の方がマッチすると思います。
綺麗事ではなく、ごく当たり前の食事、現実味がある食事なのです。
それは、ストーリーが面白いことももちろんですが、
おいしそうな食べ物と食べる人の表情や仕草を細やかに描き出す作画の力のおかげで実現していることだと思います。
本当にスタジオジブリの技術は素晴らしい。
画面から、美味しさや幸せな気分が伝わってきます。
不思議な感覚ですが宮崎駿監督がおっしゃった言葉通り、食事シーンがあることで物語に奥行きが広がる印象があります。

今回の企画展「食べるを描く。」は作品に登場した一度は食べたいと思ったことがある料理が数多く再現されています。
天空の城ラピュタの中でパズーとシータが食べた「目玉焼きトースト」、
千と千尋の神隠しで千尋がハクにもらって涙を流しながら食べる「おにぎり」、
ハウルの動く城の中でハウルとソフィー、マルクルが食べる「ベーコンエッグ」などのサンプルがずらり。
印象的な食べ物や食事シーンをいくつも思い出せるはずです。
また、どのようにして作品が作られるか見れるエリアや、
実際に食事をつくるキッチンも実物大で再現されているエリアもあり、ジブリのこだわりを知ることが出来ます。

食べるという動作は生きていく上で必ず必要なことです。
食を描くということは、背景となる暮らしの文化を描くことになると企画者の宮崎吾朗さんは仰っています。
改めて考えてみると料理を見て映画を思い出すということはそれだけ強い印象を観客に与えることが出来ている証拠ですよね。
でなければ、この企画展は成り立ちません。これはスタジオジブリだからこそできる技です。
この企画展は食事のシーンに理解を深めてジブリ作品をもっと深く楽しむきっかけになること間違いなしだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です