シースリーは自己処理しなくて大丈夫??

シースリーは自己処理しなくて大丈夫??

シースリーにて脱毛中、自己処理が必要なことがありました。
これは美容ライト脱毛、脱毛マシン、毛周期と3つの要因が大きく関わっています。

美容ライト脱毛では光のエネルギーを照射し、毛根に熱を与えて脱毛しています。
黒いメラニン色素が無い毛根では光のエネルギーの反応が弱いです。
そこで美容ライト脱毛では黒いメラニン色素のある成長期に合わせて照射しています。
毛周期には成長期、退行期、休止期とあり休止期の毛根には黒いメラニン色素がありません。
退行期も黒いメラニン色素が少ないために反応が弱いです。

シースリーではルネッサンスと言う国産の脱毛マシンを使用し、美容ライト脱毛を行っています。
従来の脱毛マシンでは全身脱毛するのに1時間半はかかりました。
新しいルネッサンスではおよそ40分から60分で終了します。
全身のパーツを複数回に分けることなく、1日で終了するのが良いところです。

毛周期は個人差がありますが3か月に1度となっています。
そのためシースリーでは3か月ごとのペースで脱毛しています。
全てのむだ毛が成長期では無く、中には退行期や休止期に入っているむだ毛もあります。
美容ライト脱毛の仕組みの関係上、休止期にあるむだ毛は脱毛できません。
休止期から成長期に入ったむだ毛は伸びてきます。
その伸びてきたむだ毛には自己処理することが必要です。

脱毛中の自己処理は電気シェーバーが一番お勧めです。
カミソリ負けの心配が無く、肌にやさしい自己処理が行えます。
シェービングジェルを使用すると尚良いです。
ヒアルロン酸配合のシェービングジェルもあり、肌に保湿することが可能です。
毛抜きと言う自己処理はやらないほうが良いです。
それは毛根ごと引き抜いてしまうため、光のエネルギーの反応が弱くなるからです。
毛穴に炎症が起きかねないために注意して下さい。
除毛クリームにはタンパク質を分解する成分が含まれています。
タンパク質であるむだ毛を分解し、除毛する仕組みになっています。
しかし肌もタンパク質のため、使い過ぎると肌荒れし易いです。
この自己処理も避けたほうが良いです。

シースリーの美容ライト脱毛では6回でむだ毛の量がかなり減ってきます。
元々毛量の少ない人であれば、殆ど自己処理不要になるレベルまで脱毛できることがあります。
その後に脱毛効果が無くなってしまっても、シースリーなら永久メンテナンス保証があるために安心です。
期間や回数に関わらず、無償でメンテナンスが受けられます。
永久メンテナンス保証のある脱毛サロンは珍しいため、脱毛効果の持続性が不安と言った人はシースリーに注目しては如何でしょう。

シースリー 店舗情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です